9坪の宿 スミレアオイハウス

「スミレアオイハウス」は、建築家・増沢洵さんが自邸として設計し1952年に建てられた「最小限住居」を原形として、小泉誠さんがリデザインして、1999年に東京都三鷹市に建てられた、建坪9坪の小さな家です。

一家4人で20年間暮らした「スミレアオイハウス」は、この家で育ったスミレとアオイが2020年春から一棟貸しの宿として開くことにしました。コンセプトは「多摩エリアの日常を旅する宿」。公園や緑も多く、個性的なお店がたくさんある多摩エリアの暮らしを、たくさんの人に体験してもらいたいと思っています。

CONTACT

お問い合わせ

※入力内容に誤りがあります。

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容

Booking
ご予約はこちら